MOMOYAさんで見つけた!

ススぺ地区にあるジョーテン・スーパーマーケットに、猫砂を買いに行ったら

こんなものを見つけちゃいました。

MOMOYAさんの商品で、海苔の佃煮からずっとお世話になってきました。

今回見つけたのは、写真の2品。

早速お昼に食べてみました。

ラー油の方は昔ラーメン店にあった、餃子のラー油に見た感じは似ている。

食べると、味が付いている。でも、香ばしくって、ごま油の風味もあって美味い!

で、もう1品の生七味とうがらし。

これはもう、MOMOYAさんやっちゃったね!って感じ。

豆腐、唐揚げ、チキンソテー、サラダといろんなもので試したんだけど。これがまた、美味い。 約20年 日本のこういった物から遠ざかっているから?なのかもしれないけど。

こう言った「味」や「風味」「まろみ」とかの微妙な加減が「日本」だなーと実感した。

だけど、手を抜くことは絶対にしない。完璧をこだわるから 今の日本の味は、世界中で虜になってるんだ。

ちなみに、英語では「こだわり」って言葉もなければ、表現もないんだって!

話しは、ちょっとずれるけど とんかつソースとお好み焼きのソースって うまみ成分が とんかつソース1に対してお好み焼きソースは4も入ってるそうだ。

そして、この「うまみ、コク」は日本人が発見して 今世界中で注目されてるって話しだ。

その上、いろんな料理を試す、食べる、受け入れるのも、日本人なんだって。知ってた?

驚きでしょ?

 

さて、この商品。 砂糖は若干使ってはいるものの、食後血糖値にはほとんど変化がありませんでした。だって、ほんの少しでも これだけ美味けりゃ。もう 言うことないね!

メモ: * は入力必須項目です

ブログ再開 何故って・・・?

2018年 3月 ブログの再開をお知らせします。

何故って?

キッチンも落ち着いたし、この3月で60歳になったけど 赤いチョッキは着たくない。

糖尿病の60歳でも筋トレやって、子猫の世話して 忙しく毎日を送っているのさ。

と言うことで、この店もやはり3月で10年目を迎え 日本からのリピーターさんも増えてまいりました。

 

この店で、一つ屋根の下 同じ釜からご飯を食べてくれた皆さんは、

我々にとって家族同然。

その家族の為にも この店は続けます。

これからもお付き合いのほど、宜しくお願い致します。

 

YAMAHA VMAXにもう一度乗れるまで 禁断症状と日々戦っております!

バイクの話も コメントください!

コメント: 1
  • #1

    Ms.Yasuda (日曜日, 01 4月 2018 00:30)

    ブログ再会お待ちしておりました。良かったです。
    今年も5月に毎年恒例の高齢3人サイパン旅を敢行する運びとなりました。デルタが飛ばなくなってしまってどうしようかと思ったのですが、老骨に鞭打って乗り継ぎで頑張って行くことにしました。
    これはパソコンをいじれない夫からの伝言ですが、厨房お手すきの際には是非ともバイク話をしたいとのことです。夫は67歳の白髪頭のくせにBMWのR100RSに乗って遊びまわっております。もしも時間があれば適当に聞いてやってください。定宿のカノアに5月11から5泊の予定です。近場に美味しいレストランがあるのは本当にラッキーです。ランチも夜もいまから楽しみにしております。

Yasuda様。

メッセージ頂きました。ありがとうございます!

BMW R100RS ですか! 今では、なかなか手に入らないようです。

アウトバーン仕様で、最高速度は確か・・・200㎞ですか?

物凄いですね。

私は、大型ではVMAXしか乗ってないんです。3台乗り継ぎましたが。

ところで、奥様もご一緒にツーリングに行かれるのでしょうか?

暖かくなるこれから、夫婦で風を切るのも良いですよね~。

 

では、5月にお会いできるのを楽しみにしています。

V-MAXの動画 YOUTUBE VMAX 1700 ride round town

この動画は、 Mr.Patstrxさんがアップしたものです。

VMAXに乗っている雰囲気、エンジン音が 今の私の子守歌です。

 

ハイスピードで飛ばしまくっている動画が多い中

淡々と街中を走るVMAXが何とも言えません。

雨が降ったり、街中を流したり、カフェに立ち寄ったり。

味のある逸品ですね。

 

Mr.Patstrxさん勝手にシェアさせて頂きました。ごめんなさい。

メモ: * は入力必須項目です

サイパンに住んで思うこと。

料理には、関係ないのだが・・・。

早いもので、サイパンに住んで15年となる。

なぜサイパンなのだ?

引き寄せられるように日本を離れた。何故だかは分からない。

しかし、住んでみて分かったこと。

この島は、第二次世界大戦に巻き込まれたこと。

日本とアメリカがこの島を手に入れようと戦った場所。なんだけど

戦争が始まる前は、日本が統治していて、日本人と島の住民が正しく有意義に生活をしていたこと。今でも戦没者の遺骨を集めにおいで下さっていること。

こう言う事っていうのは、住んでみないと分からない。

今は、アジアを含む色んな国の人たちがこの島に住んでいる。

(それはそれとして、良い事なのかもしれないが・・・)

ところが、日本人旅行者が極端に少ない為に日本人をブロックしているホテルまで出始めた。

日本企業が、日本人旅行者が減った事でホテルなどを手放してしまったのも引き金になった。

すると、日本人旅行者はどんどん減るし旅行会社もサイパンを売らなくなった。

当然、日本人の経営する会社、レストラン等は大打撃を食らい店をたたまなくてはならなくなる。

荷台に乗った「悪影響」ってやつが島中を駆け抜けたわけだ。

サイパンには良い所が無い・・・?

確かに、DFSや他の免税店は少ないしショッピングにはかなり寂しい思いをするかも知れない。

ショッピングが目当てなのか?じゃ、自然は?青い海は?遠くの海に降る雨は?そして

ローカルたちの優しい笑顔は?家族でゆっくり過ごすのは?

こんなに癒される所ってそんなに無いと思うんだけど?

今人気無いから、サイパンなんて行かなくてもいいでしょ・・・。的な考えを止めて

日本人はこの島にもっと来るべきで、歴史も肌で感じるべきだ。

昔住んでた日本人は、どれほどの努力をしてこの島を繁栄させたのか?

(機関車まで走っていたのだ!)

どれほどの強い絆と信頼を築いたのか。

ところが今、日本人はどれほど肩身の狭い思いをしているか。

もう一度考えよう!この島は昔日本人もローカルもお互いの為に努力して汗を流してきた。

それが無駄になり始めている。

2013年

12月

13日

バイクに乗りたい年頃なのさ

オイラは昔バイク乗りであった。

モトクロスにはまり、寝ても覚めてもバイクの事ばかり考えていた。

バイクと添い寝したかったほど。

当時、カミさんと喧嘩・・・「私とバイクどっちが大事なの!」

無意識に出た。「え?バイク・・・」(内心しまった。やっちまった!)

そりゃ 喧嘩にもなるか。

仕事が終わったら、仕事仲間と高速に乗って池袋から相模湖まで缶コーヒーを飲む為に走った。

荒川の河川敷にバイクを止めて、UFO来るかもねーなんて話したり・・・

オイラにとってバイクは、身体の一部だった。

休みの日は、モトクロスをやってた。他の休みにはツーリング。

一番乗ってて楽しかったのがV-MAXだった。やんちゃなバイクで良かったな・・・

しかも、ヤマハのバイクしか乗ったことが無かった。

あれからもう何年の月日が流れたんだ?

サイパンに住んで10年以上・・・バイクにまたがってない。

もうすぐ56歳。

持病を持つ身には大変かも知れんが せめてもう一度バイクにまたがりたい。

新型のV-MAXに乗りたい・・・。

天国に行けるかどうかは分からんけど、そんな所よりもバイクに乗れる所に行きたい。

でも、事故って死ぬのはバイクに申し訳ない。

何故なら、オイラのミスでバイクも死ぬわけだからね。

それだけは、絶対に無いようにしなきゃ。って 今のオイラには、バイクが無い。

V-MAXが無い・・・。

あ、そうかお金も無いんだった・・・。

休みも無く働いているのに、バイクの1台くらい ご褒美として神様 くれないかな。

そうしたら、日本から来たバイク乗りの旅行者にバイクでサイパンを案内してあげられる。

ツーリングの後の風呂って、何であんなに気持ちが良いんでしょう?

芯まで冷えて疲れた身体に、あったかいお風呂!

たまりませんよね?

これってバイク乗りしか分からない事なんじゃないかな?

まして真冬なんて、お湯を膝にかけても温度が分かんない位冷たくなっちゃってて

げ!感覚無いじゃん!とか思いながらひたすらお湯をかけて、

ちょっと温まってきたら、湯船にどぼ~ん!

か~!たまらないんだよ この一瞬が!

 

何はともあれ、今のオイラは バイクに乗りたいお年頃なんだね。

「バイク乗りは、最後にバイクに戻る」って聞いたことがあるけど

今なら 心から分かる気がする。

 

あ~バイクが欲しい・・・V-MAXが・・・・

0 コメント

 

Saipan Gentle Brook Café

ジェントル ブルックカフェ

ハンバーガーの原点

色々なハンバーガーが出回っているね。

高級ハンバーガーも良いけど、ここは クラシックなスタイルを堪能してみようじゃないか。

 

アメリカでは、ハンバーガー・パティと言えば 牛肉だけを使ったものが主流であり

他の物が入ると"ハンバーガー・パティ"とは言わなかったそうだ。

しかし、現在では オニオンやパン粉を使った、いわゆるヨーロッパ系のパティを楽しむ人が増えている。

うちじゃハンバーガーと言えば、日本でもあるハンバーグを使っている。

でも、香辛料はチョッと違う。オリジナル。

ただ、アメリカには「粗挽き」という挽肉は、存在しない。これは日本だけ。

じゃ、肉感を出すには・・・?

これが、おいらを悩ます第一の問題だったんだ。

詳細は、秘密にしておく事にするけど これが結構美味く出来た。

 

これをこのままハンバーグステーキとして提供するのも 何だかもったいない話。

で、今度はバーガーにしてみたんだけど 何か腑抜けな味になった。

試行錯誤が重なる中、「?」マークが頭をよぎったね。

色々やっちゃうから 元の味や風味を壊しちゃうんだよ。

これだよ。これ!

 

と言うことで出来上がったのが「クラシック・バーガー」

簡単じゃなかったから"クラシック"と呼べないのかも知れないけど

シンプルに昔風にしたら、毎日でも食べられる一品となったわけだ。

 

その美味しさを知ってもらいたい。

手をかけただけじゃ駄目なんだよね。

シンプルでもバランス良く作れば美味しいものが作れるんだよ。

 

高級な食事も良いけど、たまには シンプルで美味しい食事にこだわってみない?

Hi visitor!

Check out my new picture gallery
and my favourite links